勃起不全EDについて

ED勃起不全の原因は様々ですが、総じて言えば以下のようになります。
①加齢による勃起不全
加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。加齢に伴うED勃起不全は避けられないものの、中高年になってからも勃起機能を維持するためには、普段からED勃起不全の原因となりうる病気の予防、生活習慣などに注意することが大事です。
②生活習慣病などによりED勃起不全
生活習慣病として知られる糖尿病は血液の病気で、糖尿病は血液の病気のため、臓器や神経に悪影響を及ぼします。血液中のブドウ糖濃度が高い状態が続き、血管を傷つけるだけでなく、神経に障害を起こすのだ。こうなると脳からの命令が伝わりにくくなるので、結果、EDに繋がってしまうのである。また、生活習慣病といえば、喫煙や過度の飲酒もED勃起不全を引き起こす原因と考えられています。
③男性ホルモンの低下
男性ホルモンであるテストステロンが仕事のストレスによって、分泌量が低下しEDが起きているケースがあります。男性ホルモンはリラックスしているときに多く分泌されます。しかし度重なるストレスによって交感神経が緊張し、男性ホルモンが分泌されない事がEDにつながってしまいます。
④薬剤によるED勃起不全
内服治療薬でEDを起こすこともよくあります。特に精神的な病気で、薬剤で抗うつ薬などを使用している時に、EDを引き起こす場合があります。一部の薬剤ではEDを引き起こすことが知られています。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト