バイアグラ効果的な服用方法は

バイアグラは最も歴史がある有名なED治療薬です。ED治療薬として世界で初めて製品化され、1998年1月にアメリカで発売されました。

この薬の有効成分は、シルデナフィルです。この成分は、勃起を抑制する酵素の働きを阻止します。そして、陰茎周辺にある神経に作用して血管を拡張し、効率よく陰茎の血流を円滑にします。勃起不全は、勃起を抑制する酵素の作用によって起こるので、シルデナフィルの酵素の働きを阻止する作用が有効的に働きかけます。

バイアグラの効果持続時間は約5~6時間です。(個人差があり、体調にもよります)また、バイアグラは食事の影響を受けやすく、これから、バイアグラ効果的な服用方法を紹介します。

・性行為の1時間前に水で服用。水がない場合には清涼飲料水、お茶やアルコールでも問題はありません。ただし、脂肪分が含まれる飲料、例えば牛乳などはお止め下さい。薬の吸収を妨げる可能性があります。また、噛み砕いても早く効くことはなく苦いだけですのでご注意ください。空腹時であれば30分程度で効き始めます。

・バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、本来血液に吸収されることで作用します。なお、バイアグラを食後に服用すると胃や腸壁に付着した食べ物による油膜によってシルデナフィルが取り込まれてしまい、便としてそのまま排出されます。そのため、効率よくバイアグラの効果を実感するには、食前に服用するほうが望ましいといわれています。ただし、食前であってもバイアグラの効果を期待できないこともあります。例えば、服用する数時間前にフランス料理や中華料理、焼肉などの油分の多い食事をとっている場合です。一般的に、食事から2時間経過すると胃の中が空っぽになるといわれています。しかし、油分の多い食事をとった後は2時間経過しても、胃や腸壁に油膜が付着している状態のままです。最低でも6時間~7時間経過しなければ、油分の多い食事後だとバイアグラの効果が期待できなくなるので注意しましょう。

・1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上にして下さい。

・効果が現れて勝手に勃起するお薬ではなく、性的欲求があった上で性的刺激がなければ勃起はしません。いざ勃起をした時にそれを補助するお薬とお考えください。

・バイアグラの効果を高めるのであれば、食前の空腹時に服用することです。どうじても食後に服用する場合は消化のよいもの、もしくは腹6分目~7分目を心掛けて食事をし、食後2時間程経過してから服用するという方法が効果的です。

性行為の1時間前にバイアグラを服用すると、服用後約40分で自覚症状を生じ、1時間後にピークを迎えます。その後、少しずつ効果が低下していき、3時間~4時間経過するとピーク時の半分の効果になります。

・お酒との併用についてですが、ほどよい飲酒でしたらアルコール自体に精神安定作用(リラックス作用)がございますので、バイアグラの効果を引き出すことが可能です。

しかし、ある一定以上お酒を飲みすぎてしまうと完全に逆効果になりますので、お酒の飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。

・糖尿病の気がある方や糖尿病の方、極度の肥満の方、高血圧やうつ病の治療薬の副作用によるEDの方は、バイアグラ50mg1錠では満足な効果が得られない場合がございます。

そのような方は医師の指示のもとでバイアグラ50mgを2錠いっぺんに服用せざるを得ない場合もございます。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト