バイアグラの有効成分

バイアグラはED治療薬として人気がある医薬品です。ED治療薬はアメリカで1998年1月に生産されました。ED治療薬の外形は青色で菱形が特徴ですが中身は白い薬剤です。アメリカで初めて販売するとき、男性にっとて「助ける薬」といいました。一時各国が広がりました。
バイアグラは1999年で製造販売承認を取得しました。同年3月23日に日本でも販売が開始されることになったのです。販売開始からいままでEDに悩む多くの男性の心の支えとなっています。

バイアグラの有効成分「クエン酸シルデナフィル」です。この有効成分シルデナフィルがどのくらい含まれている[25mg][50mg][100mg]と呼び名が変わります。 主に男性器の勃起を助ける働きがあります。例えば「バイアグラ50mg」の場合、その中には含まれているシルデナフィルクエン酸塩は70.32mgですが、その中の有効成分であるシルデナフィルが50mg含まれています。クエン酸シルデナフィルにはこの5型ホスホジエステラーゼの働きを妨ぐ、環状グアノシン一リン酸が分解されることを防ぎます。

これが、バイアグラがEDに効果的といわれる理由です。このシルデナフィルは勃起不全改善効果があって、そのほか、シルデナフィルはレバチオという薬の有効成分として、国に難病として指定されている「肺動脈性肺高血圧症」に治療効果があります。

この成分の作用によって長時間の強力な勃起状態を維持することができます。
バイアグラはクエン酸シルデナフィルの他に、効率良く作用させるためのいくつか添加物が配合されています。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト