バイアグラの副作用

バイアグラはED治療薬として人気がある医薬品です。ED治療薬はアメリカで1998年1月に生産されました。効果持続時間は4~6時間ほどと確認されております。初めて販売するとき、男性にっとて「助ける薬」といいました。一時各国が広がりました。バイアグラの形は菱形で青色の外見で、白い中身の薬剤であります。
バイアグラは1999年で製造販売承認を取得しました。同年3月23日に日本でも販売が開始されることになったのです。。発売当初には「夢の薬」と言われています。あっという間に日本国内で話題な薬になりました。販売開始からいままでEDに悩む多くの男性の心の支えとなっています。
バイアグラは販売開始から今まで。現在販売ている規格は[25mg]と[50mg]の2種類があります。そして、日本国外では[100mg」の規格も販売されています。

バイアグラの副作用
バイアグラの効果が現れると同時に「顔のほてり」「目の充血」がほとんどの方にありますが、これらは服用した方の9割以上の方に付随する副作用です。ですので、あまり心配なされず、効果の発現の合図として捉えていただくとよいでしょう。でも、これは正常な症状です。バイアグラ副作用は少ないと思います。もし、分からない場合は、専門病院で医者にご相談してください。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト