バイアグラの使い方

バイアグラは、アメリカでは1998年、日本では1999年3月に正式販売が認められ、勃起不全治療薬として高い効果が期待できるお薬です。 現在ではED治療薬として幅広く世間に認知されておりますが、元々はアメリカの第一次臨床試験において、狭心症の治療薬として開発されていたお薬です。その開発の途中で、勃起不全治癒の効能が発見され、現在では幅広い年齢層の方々がご利用されております。

確なバイアグラの使い方は、性行為の1時間前に水と一緒に飲みます。それから、性的な刺激を与えることで、勃起するようになります。
決して、飲んだだけでは効果が出るわけではありません。また、食後は効き目が薄れてしまうので避けるようにし、アルコールも避けるようにしてください。そして、一日に一回までの服用で、次は必ず24時間以上あけるようにしてください。正しいバイアグラの使い方を行っていても、副作用が出てしまう可能性もあります。症状としては、めまい、頭痛、顔のほてり、鼻水、鼻づまり、物が青く見えるなどの色覚異常などがあります。これらは、ほとんどが一過性の物ですので、あまり気にする必要はないのですが、稀に重度の物になったり、勃起が4時間以上続くなどの異常が出た場合は、すぐに医師の診断を受けてください。

食前の空腹時に服用するのが正しい方法ではありますが、場合によってはどうしても食後に服用しなければならないこともあります。このような場合、以下のような点に注意すれば食後であってもバイアグラの効果を実感することができます。注意すべき点は、食事が終わってからバイアグラを服用するまでの時間です。食事から2時間以上の時間が空いていれば、食後であっても問題なく成分を 吸収できるといわれています。また、脂っこいものを避け、7分目から8分目くらいに抑えておくことも大切です。脂っこい料理は消化が悪く、有効成分の吸収 によくありません。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト